DRMで大切なフロントエンドとバックエンドとは?

DRMで大切なフロントエンドとバックエンドとは? 

ただいま、人気ブログランキングに参加しています。

あなたの応援が、私の力になっています。

 


起業・独立 ブログランキングへ ←こちらをクリック!

 

いつもクリックして頂き、感謝しています。

 

 

 

こんにちは。

 

 

早川です。

 

 

今回は、

インターネットマーケティングで最重要となっている

DRMで必要不可欠な考え方の一つである、

 

 

フロントエンドとバックエンド

 

 

についてお話していきたい

と思います。

 

 

よく、フロントエンド商品の後に

バックエンド商品を置くことに対して

批判が出ることもあるのですが、

 

会社やビジネスを運営している人間として

利益を取り戻すためにバックエンド商品を置いている

わけですので、

 

是非とも、

批判はしないで前向きにこの二つの考え方を

覚えて欲しいと思います。

 

それでは、一つ一つ詳しく見ていくことにしましょう!

 

 

1、フロントエンド

 

 

フロントエンドは見込み客を大量に集めるための

販売手法になります。

 

この集客の部分は、

DRMの3ステップ(1、集客 2、教育 3、販売)の中で

最も難しい部分ですので、

 

集客のためのフロントエンド商品を、

比較的安価に設定して

より多くの数の見込み客を集めるための

工夫をしています。

 

また、集客を重視している分

商品を安価に設定しているので、

 

 

損益分岐点(黒字と赤字でもない利益が0の点)

 

 

になるように各販売者は狙っています。

 

 

そして、最終的に

バックエンド商品で最大限の黒字化を

目指しているわけですね。

 

また、フロントエンド商品は

what(何の部分)を扱っていて、

 

 

例えば、

 

コピーライティングとは何ですか?

 

マーケティングとは何ですか?

 

という基礎的な部分を教える内容の

商品が多いですね。

 

 

2、バックエンド

 

 

バックエンドは、集客したお客さんの中から

しっかりと自分たちの商品に共感してくれた方に、

比較的高価な値段で商品を販売する事を

いいますね。

 

また、比較的高価になる理由は

前に説明したとおり、最大限の利益を取り戻すために

高い値段に設定している訳ですね。

 

まさに、社運をかけた商品を

バックエンドで販売するという感じでしょうか。

 

商品の内容は、

how(どのように?)の部分でして、

 

例えば、

 

売れるためのコピーライティングは

どのように書いていくの?

 

この商品の集客のためのマーケティングは

どのようにやっていくの?

 

という内容になっている場合が

多いですね。

 

 

以上が、フロントエンドとバックエンドの

簡単な説明になります。

 

 

この二つの考え方を見てみると

徹底して集客と教育に力を入れて行くことの

大切さを思い知らされますよね。

 

ですから、

この記事を通してしっかりと覚えて

おいてくださいね。

 

 

それでは、またお会いしましょう!!

 

 

 

 

 


コメントを残す