ライバルリサーチについて詳しく丁寧に!

ライバルリサーチについて詳しく丁寧に! 

ただいま、人気ブログランキングに参加しています。

あなたの応援が私の力になっています。

 


起業・独立 ブログランキングへ ←こちらをクリック! 

 

いつも、クリックして頂き感謝しています。

 

 

 

こんにちは。

 

 

早川です。

 

 

今回は、

 

 

ライバルリサーチ

 

 

について詳しく

お話していきたいと思います。

 

 

ライバルリサーチは言葉のとおり、

 

競合相手についての理解を深める事!!

 

なのですが、

 

何故、競合相手について

調べるのかというと、

 

一番の大きな理由は、

 

あなたのコンテンツに

あなたのオリジナリティ

を強く出していかなければいけない!

 

からなんですね。

 

オリジナリティを出すことで、

 

自分のリピーターになってもらえる

可能性が高まります。

 

そして、

リピーターが出来れば

将来の自分の大きな利益に結びついて

いくわけですから!

 

 

ところで、

ライバルの何について調査を

するのかというと、

 

主に、三つについて詳しく

調査していきます。

 

 

1、コンテンツの調査

 

2、サービス内容の調査

 

3、値段の調査

 

 

の三つですね。

 

それでは、

一つずつ見ていきたいと思います。

 

 

1、コンテンツの調査

 

コンテンツの調査とは

どのような事なのかというと、

 

 

メルマガはどのように書いているのか?

 

レポートの内容は?

 

どのようなブログを書いているのか?

 

PDFの質や数はどんな感じなのか?

 

 

といった部分の調査ですね。

 

コンテンツに関していえば、

自分自身のコンテンツを読者さんに

気に入ってもらえるものに

していくためにも、

 

競合相手の調査をしっかりと行い

自分だけのオリジナルのコンテンツを

作って欲しいと思います。

 

 

2、サービス内容の調査

 

サービス内容の調査に関しては、

先ほど説明したコンテンツの調査と

かぶるのですが

 

コンテンツだけでなく、

 

どのような独自のサービスを読者さんに行っているのか?

 

という事をしっかりと把握して

もらいたいと思います。

 

その事で、

自分だけのオリジナルの

独自サービスを

新たに考えることが出来るのですから。

 

 

3、値段の調査

 

値段については、

客観的に見てあまりに見当違いな価格にして

しまわないためにも、

しっかりとリサーチして欲しいと思います。

 

 

 

まとめ

 

 

以上、ライバルリサーチについて

見てきましたが

 

基本的な儲かる市場の本質と

いうものは、

 

第一に、人・物・金が集まっている市場。

 

第二に、人・物・金が活発に動いている市場。

 

第三に、潜在的な欲求や悩みなどのコンプレックス

に関連した市場です。

 

ですから、

しっかりと三つの儲かる市場の本質を頭に入れて

儲かっている市場に出向き、

 

そして、

説明した三つのリサーチを

していきましょう。

 

ライバルが多いと厳しいと思うかも

しれませんが、

 

ライバルがいるからこそ

読者さんやお客さんが沢山います。

 

そして、

 

自分のオリジナル(パーソナルブランド)

 

が光るからこそ、

 

あなただからこそ買いたい!

あなたのアフィリエイトリンクから買いたい!

 

という読者さんやお客さんに来てもらうことが

出来ますので、

 

しっかりとリサーチを行っていきましょう。

 

その事が、

あなたを他のライバルと比べて

抜きん出た存在にしていくのですから!

 

 

それでは、またお会いしましょう。


2件のコメント

  • 早川さん、こんばんは^^
    まりやです。

    稼げる人と稼げない人の違いは
    ライバルをしっかりリサーチしているかしていないか
    という点にも違いがあると耳にしたことがあります。

    とても勉強になりました^^
    応援させていただきます。

    • 早川 和浩

      まりやさん、こんにちは。

      ブログ訪問&応援ありがとうございます。

      ライバルを知ることで
      どのような戦略で稼ごうとしているのかを
      知ることができますからね。

      お客さんのリサーチと合わせて
      実行していくことが大切であると
      感じています。

      それでは、
      コメントありがとうございました。

      早川

コメントを残す