インターネットビジネスマーケティングの最重要手法のDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)

インターネットビジネスマーケティングの最重要手法のDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング) 

ただいま、人気ブログランキングに参加しています。

あなたの応援が、私の力になっています。

 


起業・独立 ブログランキングへ ←こちらをクリック!

 

いつもクリックして頂き、感謝しています。

 

 

こんにちは。

 

 

早川です。

 

今回は、

 

マーケティングの最重要手法の一つ

 

である

 

DRM

 

についてのお話をしていきたいと思います。

 

 

DRMとは、

ダイレクト・レスポンス・マーケティング

の略であり

 

直接的にお客さんから反応をもらう事。

 

主眼においたマーケティング手法です。

 

このDRMは、

インターネットビジネスをする上で

最も有効なマーケティング手法

 

でして、

 

インターネットビジネスで

大きな金額を稼いでいる方は、

ほとんどがこの手法を使っています。

 

ですので、

これからインターネットビジネス、、、

 

特にアフィリエイトを始められる方は

絶対に理解をしておくようにして下さい。

 

歴史としましては、

DRMは欧米で誕生し爆発的な利益を

生んだ手法でして、

 

記録として、

1872年にアーロン・モンゴメリー・ワードという人

が最初に始めたと言われています。

 

ちょっと、雑学的なお話ではありますが

覚えておくといいかもしれませんね。(笑)

 

DRMは主に、

お客さんの不安や不満を解決する

目的で誕生し、

 

爆発的な成果を上げることが出来た結果として

アメリカ中に伝播していった訳なんですよね。

 

また、DRMはお客さんの欲求に対しても

応える事ができます。

 

なぜなら、

お客さんが悩みを持っているという事は

その悩みを解決したいという欲求を持っている

訳ではないですか。

 

ですから、その悩みを解決するための商品を

販売する事が可能になるわけですね。

 

この部分が、

DRMの大きな強みと言えます。

 

 

DRMは、主に3ステップを踏みます。

 

 

1.集客

 

2.教育

 

3.販売

 

 

の3ステップですね。

 

この、3ステップは単純ではあるけれど

インターネットビジネスをする上で最重要な部分なので

覚えておくようにしてください。

 

 

簡単に言うと、

見込み客のたくさんいる場所に出向いて

お話した上で興味のある方に

媒体に来ていただいて(集客)、

 

自分のコンセプトや解決できるノウハウに

共感していただき(教育)、

 

そして、

共感していただいた方に

販売していくわけですね。

 

以上が、DRMの簡単な概要となります。

 

この手法であると、

お客さんにストレスを与えることが

ほとんどないので

(お客さんの悩みを解決する商品であるから)

 

比較的容易に、ビジネスを進めることが

出来るわけですね。

 

繰り返しますが、

インターネットビジネスをする上で

非常に大切なマーケティング手法なので、

是非とも、覚えておいて下さいね!

 

 

僕の他の記事でも、

引き続きコピーライティングと合わせて

お話していきますので楽しみにしていてください。

 

それでは、またお会いしましょう!!

 


1件のトラックバック

コメントを残す